うつ病患者との接し方【ゆっくりと休ませてあげる環境作り】

うつ病患者との接し方【ゆっくりと休ませてあげる環境作り】

女性

患者への言動は注意が必要

うつ病患者への接し方で重要なことは、医師の指示に従い、ストレスを与えないような言動を控えるということです。また、患者は病院の雰囲気やスタッフの対応を考慮して、自分に合った病院を選ぶと治療に専念できます。

詳しく見る

男性

病気について知る

うつ病患者は本人しか理解できない悩みがあります。自分で悩んで解決しようとします。そのため、家族やサポートをする人がそれを理解してあげようと努める事はとても大切です。また、病気の種類で接し方もそれぞれ違うことも理解することが大切です。

詳しく見る

医者

うつ患者への対処法

うつ病にはさまざまな種類があり、それぞれに適した治療法や接し方があります。ただしそれができるのも、金銭的な余裕があってこそです。幸い今は自立支援医療制度を利用すれば、治療費の負担が1割になるだけでなく収入に応じた減額措置も受けられます。

詳しく見る

看護師

回りの人はどうすべきか

うつ病患者自体は既に自分の置かれている状況に辛くなっている事もあるので、周りの人はありのままを受け止める様な接し方をします。ストレス等が原因となっている場合が多いのですが、一人で何とかせずに二人三脚で対応して行く様に働き書けます。

詳しく見る

会話を重ねる事も重要です

男性

問診を中心に進めます

身近な人がうつ病になり、接し方が分からずに困ってしまう方もいますが、過剰に励ましたり、心配したりするのではなく、ゆっくりと休ませてあげる環境作りを進める事が重要になります。うつ病に苦しむ方は自分の事で悩むだけではなく、周りの反応も敏感に感じ取り、過剰な心配や励ましが大きなストレスとなってしまう事があります。気持ちだけではなく、体も疲れやすくなり、少し動いただけでも休みたくなる方もいるため、気分転換で外出に誘うことはあまりおすすめしません。うつ病の方は、一日の気持ちの変化が大きく、朝方は無気力で活発に行動を起こせない方もいるため、気持ちが落ち着いた時間帯にコミュニケーションを取るなど、接し方の工夫が大事です。心療内科に行く前に、初診は精神状態を知る目的で問診を中心に行うため、患者さんが落ち着いて話せる状態の時に病院へ行き、家族もサポートする事が求められます。事前に初診でよく聞かれる質問を調べ、自宅で本人が質問に答えられる時にメモを取っておくことで、専門医に伝えやすくなります。支える家族も様子の変化をメモしながら、専門医にできるだけ多くの情報を伝えられれば、より正確な診断結果が出せます。心療内科では、三十分以上かけて問診を丁寧に進めていくところもあり、患者さんの症状に合わせて、治療を決めていきます。心療内科では、医師やカウンセラーが、うつ病の患者さんとの会話を重ね、患者さんと一緒に問題を解決できるように話し合っていく精神療法が進められます。うつ病の患者さんへの接し方のプロなら相談がしやすいですし、精神療法で自分自身の事を見つめなおす時間を作ることができます。また、患者さんの症状に合わせて、薬物療法を行う場合もあり、最初は副作用を抑えるために、少量から抗うつ薬の服用を始めていきます。様々な種類の抗うつ薬があり、しばらく同じ薬を飲み続けて、抗うつ薬の効果の有無を判断します。心療内科の医師の中には、患者さんに寄り添った接し方ができる方が多く、長期間薬を飲み続ける患者さんの不安な気持ちを知り、うつ病を治した気持ちの焦りが出ないようにサポートしてくれます。うつ病が治り始めていることを感じる方の中には、薬を飲むのをやめてしまう方もいますが、再発の恐れがあるため、信頼できる専門医を見つけて、長期間の治療を安心して続けられるようにする事が大事です。休養もうつ病治療の重要なテーマであり、自宅で十分に休養が取れない方は、入院をする選択肢もある事に注目です。症状が重い方の中には、自分の体を傷つける可能性もあり、危険を避けるための入院治療も大切です。