うつ病患者との接し方【ゆっくりと休ませてあげる環境作り】

患者への言動は注意が必要

女性

自分に合った病院を選ぶ

うつ病は、ストレスが原因で発症することが多いため、患者に対する接し方には十分な注意を払う必要があります。うつ病にはいくつかの種類がありますが、その中には責任感が強いあまり、仕事や勉強がストレスとなって発症する病気もあります。そのため、患者に対して「がんばって」や「応援しているよ」と励ます言葉は、更なるストレスを与えてしまうため禁物です。また、病気を発症すると、脱力感や倦怠感に襲われる症状も出るため、端から見ると何もせずに怠けているようにも見えます。そのような人に、「心が弱いだけ」や「気の持ちようで良くなるよ」と軽い気持ちで声を掛けることは、患者を深く傷つけてしまうため大変危険です。うつ病患者への接し方でもう一つ注意すべきことに、患者との連絡の取り方や付き合い方など、交友関係の持ち方が挙げられます。例えば、塞ぎこんで何もやる気が起きない患者に対し、旅行や飲み会に「気晴らしに行こう」と誘うことは、逆効果になる場合もあります。一見すると、患者のことを気遣っているようにも見えますが、うつ病患者にとっては人と行動を共にすることがストレスになる場合もあり危険です。また、「断ってはいけない」と、強迫観念にさらされて症状がひどくなる場合もあるため、勝手に患者を連れ出すことは禁物です。また、うつ病は複雑な要因が原因となっていることが多く、簡単に「気持ちはわかるよ」と同情を示すこともしてはいけません。うつ病は専門医でなければ診断が難しく、適切な治療で症状が抑えられるため、必ず病院へ行って診察を受ける必要があります。うつ病の治療は、精神科や心療内科などで受けることができますが、特に心療内科に通う人が多くいるようです。精神的な疾患は、通院を人に知られたくないなど、プライバシーの保護を一番に考える患者が多くいるのが事実です。そのため、診察が完全予約制で、個室が完備されているところや、待合室で人に会わないで済むなどの心療内科に人気が集まっています。特に、個人の心療内科はプライバシーの保護に配慮したサービスを整えているため、病気のことを公にしたくない患者に人気があります。うつ病はストレスが原因で発症することが多いため、治療では快適な環境と病院スタッフとの信頼関係が重要になってきます。心療内科では、患者との接し方に十分な配慮をしており、時間をかけてカウンセリングを行う病院が多いのが事実です。また、スタッフの教育も行き届いており、患者が心地よく通院できるような、安心できる接し方を熟知したスタッフが対応してくれます。患者一人一人のことを考えて、親身になって接してくれるのが心療内科の良いところであり、うつ病を早く治すためにも役立っていると言えます。病院を選ぶ際は、「スタッフの対応や病院の雰囲気が自分に合っているか」を重視して選ぶと、治療に専念できます。